不妊治療がなかなか上手くいかないときは代理出産を検討してみよう

代理出産で代理母になる条件は厳しい

妊娠

代理出産がしたいと思ったときは、まずエージェンシーへ相談します。代理出産では、代理母となる第3者が妻の代わりに妊娠や出産を経験します。
代理出産では、代理母になるためには成功率を高めるために厳しい条件をクリアしなければなりません。健康で感染症を持たず、今までに出産経験が1回以上あり、健康な赤ちゃんを産んでいる人が対妊娠しやすい体であるために、年齢は35歳以下になります。そして、出産時のリスクを考えて、比較的大柄な女性が好まれます。自然分娩で出産する可能性が高く、安産でになる傾向があります。
家庭の状況も大切です。経済的に安定していることで、代理出産はボランティア精神であり、不妊の夫妻のために赤ちゃんを産み役に立ちたいという気持ちが大切です。そして、家族の理解があり協力してくれる状況であるのか確認します。
精神的なことも検査します。精神鑑定の検査があり、合格することが重要です。体も心も健康であるからこそ、他人のために赤ちゃんを産むことができます。依頼人からみると、全く知らない人が代理母となります。過去に犯罪歴が無いか、反社会的勢力等との関係性などもきちんと調べてくれます。
エージェンシーは、すべての条件をクリアした人を紹介してくれるので、安心して代理母を選ぶことができます。

ARTICLE

  • 妊婦検診

    代理出産で赤ちゃんを安全に授かる

    代理出産は、赤ちゃんを安全に授かるためにエージェンシーを通じで行います。代理出産では、男女の産み分けができ、着床時に受精卵の遺伝子の診…

    MORE
  • 妊娠検査薬

    エージェンシー経由の代理出産を選択するメリット

    なかなか妊娠できずに悩んでいる夫婦にとって、代理出産は新しい不妊治療の方法になります。エージェンシー経由して代理出産を選択することに対…

    MORE
  • マタニティヨガ

    代理出産にはホストマザーとサロゲートマザーがある

    代理出産は不妊治療の一つです。代理母は、依頼者の妻の代わりに妊娠から出産までを代理で行います。代理出産には、ホストマザーとサロ…

    MORE
  • 妊娠

    代理出産で代理母になる条件は厳しい

    代理出産がしたいと思ったときは、まずエージェンシーへ相談します。代理出産では、代理母となる第3者が妻の代わりに妊娠や出産を経験します。…

    MORE

UPDATE INFORMATION